面接を受ける前に|最終的にはあなたもソープランドで、がっつり稼げるようになろう

面接を受ける前に

スカジャンを着ている女性

根本的に風俗で働く際には、必ず「面接」を受けに行かなければいけません。
そして面接を受ける際には、絶対に「身分証」を忘れないようにしてください。
風俗では履歴書を求められるようなことがほぼありえませんんが、身分証を提示することは必ず強制されます。
だから身分証を今のうちに用意しておきましょう。

ちなみに身分証として利用できるものはすでに決められています。
ひとつが「運転免許」そして「パスポート」さらに「住民基本台帳カード」になります。
大学生などの学生の人は「学生証」も使えるようになっています。
ただしここで注意してほしいのは、「顔つき身分証」であることです。
身分証を提示してもらう理由は、あなたの情報をしっかり確認するためにあります。
あなたの顔や年齢などの情報は必ずお店として必要です。

そして実際に風俗の面接を受けにいく際には、ちゃんと身だしなみを整えてから行きましょう。
たまに風俗の面接だからといって適当にやってしまう人がいたりします。
面接官はあなたのことを厳しくチェックしますので、身だしなみがちゃんとできていない場合は普通に落としてきます。
しっかりと外出用の服装に着替えて、そしてメイクもちゃんとおこなうこと。
間違っても寝起きのままの姿で面接会場に来るようなことにはならないように。
そして喋り方についても注意していかなければいけません。
下品な喋り方を面接官に聞かれてしまったら、不採用になる可能性が出てしまいます。
風俗はエッチなお店以前に接客系なので、お客さんに失礼のないような喋り方ができるようになっておきましょう。

Copyright © 2017 最終的にはあなたもソープランドで、がっつり稼げるようになろう .